アダラートによる高血圧治療とWBSでの耳鳴りの報道

耳鳴りは人にとって一種の警笛であり、様々な疾患において異常を知らせる症状として表れることがあります。生活習慣病として恐れられ鵜用になった高血圧には自覚症状がないということが知られていますが、高血圧によって生じる二次的な疾患の初期症状として耳鳴りは気をつけなければならないものとされています。これは頭蓋内圧が上昇して脳の神経が圧迫されているという説もあれば、耳の周辺で動脈硬化が起こっていることによるとも言われていました。こういった症状から高血圧であることに気づいて治療に至れば重篤になるのを避けられる可能性があります。普段から血圧管理をしていない場合には注意すべき症状の一つなのです。
アダラートは高血圧治療薬の一つであり、アダラートCR錠が高血圧の際にはよく処方されます。カルシウム拮抗薬として強力な降圧作用があるアダラートは広範の高血圧に用いられており、こういった症状が生じた場合についても用いられています。
耳鳴りの原因については諸説あるものの決定的な根拠がありませんでしたが、WBSに和歌山県立医大のチームが登場してその原因が判明したと報告がなされました。WBSの放送では脳の中心に存在する尾状核や海馬、前頭葉の一部が関与しているということを見いだしたことを報告しています。聴覚とは関連性のない脳の部位が関与しているということから、原因が脳にあると結論づけられています。
このWBSの報道により耳鳴りに苦しむ患者にアダラートを処方したり、耳鼻科への受診を促したりするというのは正しくはなく、神経内科へ向かうよう伝えるのが正しいということを示唆している。高血圧による場合は頭蓋内圧の影響を受けている可能性が高く精密検査が必要な可能性を考慮すべきでしょう。